カテゴリ:革( 2 )

2010年 02月 21日
染色
2010年 2月 21日 晴れ
b0184326_9185336.jpg



革を染めました。
染色という工程には時間が掛かります。

様々な染料や方法があるのでしょうが、
色々試して結局辿り着いたのが今の工程です。

少しずつ染料+αを染み込ませ、深みを出します。
使い込まれて更なる深みへ。
[PR]

by piyosworks | 2010-02-21 09:45 |
2009年 12月 03日
ドイツヌメ。
2009年 12月 3日 雨

b0184326_15263078.jpg


11月後半、バタバタしていたこととサボり癖が重なりまして、
更新をしていませんでした。

その間何をしていたかというと、
クリスマスのプレゼント用オーダーを製作したり、
新作の構想をねったり。
材料を買い付けたり。

僕はヌメ革に関しては主にドイツヌメという革を使っています。
こちらは、150年の歴史を持つドイツのBREUNINGER社(バーニンガー社)製で、
純植物タンニンで時間を掛けなめされたヌメ革です。

以前、一型目と二型目の財布をアップしましたが、
あの二つに関しては別の革を使っていました。
前の革を使い切り三型目に突入する際に、
革屋さんに薦められてこの革に出会いました。

たくさんの革を並べて見せてもらい、説明を受けました。
どの革にも良いところ悪いところはありました。
悩んでいると革屋さんが、使い込んでツルッとした飴色の財布を取り出し、
「これはドイツヌメだよ。」と。

以来、ヌメ革の作品にはドイツヌメを使っています。
[PR]

by piyosworks | 2009-12-03 15:31 |