カテゴリ:bracelet( 3 )

2010年 12月 07日
革の編み込みブレスレット。
2010年 12月 7日 火曜日 雨
b0184326_21185850.jpg
b0184326_21183540.jpg



撮り溜めした写真が溢れんばかりです。

以前サンプルで製作したブレスレットですが、編みこみ部分を少し変えて、立体的に。
前回のときは貝ボタンを使用していたのですが、少し厚みが足りないのと、どうせ付けるならもう少し存在感があるボタンがいいということで、変更しました。

今回使用したのは水牛のボーンのボタンです。
少しふっくらとしたフォルムが、以前のボタンよりもマッチしている気がします。

ちょっとした贈り物にも、自分用にも。
[PR]

by piyosworks | 2010-12-07 21:33 | bracelet
2010年 05月 12日
antique beads brace
2010年 5月 12日 曇り

b0184326_1457153.jpg



1900年代初頭になるらしい。
詳しいことはよく知らないが、交易品としてアフリカ~ヨーロッパ間を旅したビーズ。
当時作られた物なので、形や色は不揃い。
しかし、連ねた時にそれがまた何とも言えない表情を生む。

たまたま雰囲気の良い物を手に入れることができたので、ブレスレットに。
ブルーに関しては、レッドやグリーンのビーズを一粒ずつ気分で入れたが、
これもまた面白い。

もう何色か、製作予定。
グリーンとパープル辺りが良いだろうか。
[PR]

by piyosworks | 2010-05-12 15:18 | bracelet
2009年 12月 05日
shell button
2009年 12月 4日 雨

b0184326_126645.jpg


先日少し触れたヌメ革で作ったブレスレットです。

極度の金属アレルギーで悩む友人がいるので、
そんな方でも着けれるようにと、金具は使わず貝ボタンを使いました。

「何かを作るとき、その使用者を想定しろ」
と、ある職人さんとお会いした時に教えて頂きました。
基本的なことだと思います。
でも、それを実際にやれているかというとまだまだです。

世の中には、流行とか格好良さだけを追い求め過ぎているものが溢れているように思います。
それを否定はしませんが、僕個人としては好きではありません。

では、格好良さを捨ててでも機能性の優れたものを作るべきかと言われれば、それは違うと思います。
要はバランスなのですが、その中でさらに何ができるのか。
これに関しては書き始めると長くなってしまうので、機会があればまたその時に。
ただ、どんな小さなことでもいいのでそれを形にしていけるようにしたいです。

今日はブレスレットの紹介でした。

ドイツヌメを使い一本一本を手編みで、ステッチは手縫いで仕上げています。
ブレスレットというアイテムなので、シャツの袖との摩擦などで良い色に変わってくれるのではないかと
期待しつつ、サンプルで作った一作目は自分の腕に。

身に着けると、楽しみが増えます。
[PR]

by piyosworks | 2009-12-05 02:01 | bracelet